Andrei Opei_02

1957年、ホーメイジを多く輩出するトゥバ共和国西部のバイタイガ地方テーリ村に生まれる。6歳よりホーメイを習い始める。主な演奏楽器はドシプルール(撥弦楽器)。トゥバの各地に伝わる古い民謡の歌い手としてのみならず、独創的で素朴な曲を多く作詞作曲している。またトゥバの伝統的な楽器の製作も行っている。そのほか、舞台監督としても活躍する。「モングレクティン・スル」「ヘムチク」他のトゥバ民謡アンサンブルを創立、演奏活動をする。オランダ・ベルギー・ドイツ他でコンサートに出演、2016年に初来日。